「賠償責任保険」とは、第三者に対する賠償を目的とした保険です。
交通事故で他人に怪我をさせてしまったり、他人の財物を壊してしまったりした時には、加害者は損害賠償責任を負うことになりますが、そういった万一の場合に役立つのが賠償責任保険です。

賠償責任保険というのは、他人に対する賠償を助けるものであり、被保険者に対して支払われる自動車保険とは違うものです。
自動車保険の賠償責任保険としては、全てのドライバーに加入が義務づけられている「自動車損害賠償責任保険」と、各々のドライバーが任意で加入する「対人賠償責任保険」と「対物賠償責任保険」があります。

自動車損害賠償責任保険には限度額が定められています。

また、自動車損害賠償責任保険には対物の賠償がないため、多くのドライバーは、より手厚い保障を求めて、民間の任意保険に加入することになるのです。

任意で加入する保険のうち、「対人賠償保険」は、人に対する補償を目的としています。
「対物賠償責任保険」は、財物の破損に対する補償を目的とするものです。

保険会社によって、「対人賠償責任保険」と「対物賠償責任保険」は多少の違いがあり、限度額がある場合もあれば無制限の場合もあります。


スポンサーリンク