自動車保険というのは、交通事故が起きてしまった場合に、被害者の救済と加害者の金銭的負担を援助するための制度であるということができます。

大きな交通事故の場合には、医療費や自動車の修理代、そのほかの損害への補償金なども含めると、加害者が賠償すべき金額は相当なものになるため、自動車保険が必要となるのです。

自動車保険には二つの種類があるということは、よく知られているでしょう。

一つめは、強制保険とも呼ばれる「自賠責保険」です。自賠責保険は、全てのドライバーに加入が義務づけられている保険なので、誰でも必ず入らなければなりません。

二つめは、任意保険とも呼ばれる「自動車保険」です。こちらは任意ですから加入は自由ですが、たいていのドライバーは加入しているようです。というのも、自賠責保険がカバーする保障の範囲はとても狭く、保障額にも制限があるからです。

例えば、交通事故で相手を死亡させてしまった場合には、損害賠償で自賠責保険の保障額をはるかに超える金額を請求されるということも考えられます。自動車の運転に関して、安心と安全を求める人は、自賠責保険と自動車保険の両方に加入する必要があるということができるでしょう。


スポンサーリンク