自動車保険には、「運転者年齢条件」がついているものが多くあります。
これは、ドライバーの年齢によって保険料が設定されるというもので、常に自分自身の状態に合った運転者年齢条件で自動車保険の契約をしておけば、保険料を賢く節約することが可能です。

運転者年齢条件には、四つの種類があります。一つめは、「全年齢条件」と呼ばれるもので、年齢を問わず運転免許さえあれば誰でも保障の対象となるものです。

二つめは、「21歳未満不担保」と呼ばれるもので、これは21歳以上の人を保障の対象とするものですつまり20歳以下の人は、保障の対象外ということになります。

三つめは、26歳以上の人を保障対象とする「26未満不担保」です。25歳以下の人は、保障の対象外となります。

そして四つめは、30歳以上を対象とする「30歳未満不担保」で、この場合は29歳以下の人は保障の対象外です。

運転者年齢条件は、ドライバーの年齢が低いほど保険料は高くなります。これは、年齢が若いほど交通事故をおこす可能性が高いと考えられているためです。

保険料の一番高い「全年齢条件」と、一番安い「30歳未満不担保」では、相当な保険料の格差がある保険会社もあるようです。


スポンサーリンク