「運転者年齢条件」は、自動車保険の保険料を節約できる重要なポイントです。
ただし、運転者年齢条件については、いくつか注意しなければいけない点もあります。

一台の車を家族で共有しているケースでは、父親が「30歳未満不担保」で自動車保険を契約している場合は、30歳未満の子どもが交通事故を起こしたとしても、保障の対象にはなりません。

子どもが免許を取得したばかりの時などには、ついつい運転者年齢条件の変更を忘れてしまうこともあるようですが、きちんと更新しておかないと、せっかくの保険が役に立たなくなってしまうことも考えられますから注意しましょう。

家族で一台の自動車を使用する場合には、その車を運転する人全ての年齢をしっかりカバーしているか、きちんと確かめることが大事です。

「子供特約」や「臨時運転者特約」というような特約をつけられる場合もありますので、調べてみると良いでしょう。

また、契約者の誕生日に、運転者年齢条件を見直した方が良い場合もあります。
例えば自動車保険の契約者が26歳になった時には、「26歳未満不担保」に変更すれば、保険料を賢く節約できるのです。

年齢条件の変更などは、契約の途中でもできるものですから、忘れないように気をつけておきたいものです。


スポンサーリンク