「学資保険」は、さまざまな保険商品の中でも貯蓄性の高いもののひとつであるということができます。

学資保険に加入していれば、大学進学時をはじめ、小学校、中学校、高校の進学時に、それぞれお祝い金が支払われることになります。

また、学資保険には、「契約者の死亡保障」という要素もあります。この場合の「契約者」とは、子どもを扶養する立場にある人のことを指します。

学資保険では、契約者が死亡したり、障害状態になったりした場合には、それ以降の月々の保険料は不要になります。「育英年金」などの名称でお金が支払われる学資保険もあるようです。

一般的な学資保険の場合では、契約者が亡くなった時には、その学資保険のすべての権利は被保険者である子どもが相続することになります。
お祝い金や満期金のほか、育英年金なども被保険者が受け取ることになるのです。

学資保険にはまた、子どもの医療保障もセットされているケースがほとんどです。
病気による入院や、手術をした場合などには、お金が支払われることになります。

特に「学資保険」という名前がついていなくても、学資保険として活用できる保険商品もありますので、いろいろと比べてみるのが良いでしょう。


スポンサーリンク