バイク保険には自動車保険の特約になっているファミリーバイク特約と、単独で加入できるバイク保険の二種類がありますが、単独でバイク保険に入る場合には車の保険を選ぶ際と少し違った点がありますから気をつけなければいけません。

自動車保険の車両保険には、盗難補償がありますが、バイク保険の車両保険には盗難補償がありませんからその点は注意して、盗難にあってもバイク保険の車両保険だけをかけていても無理だということを覚えておきましょう。

そして搭乗者傷害補償保険や人身傷害補償保険のかけるバランスはよく考えましょう。
事故が起こってしまったときの万が一に備えてバイク保険に入るわけですが、バランスが悪いとは言っている意味がないと思いますから、よく考えたうえで保障をつけるようにしましょう。

他人にバイクを貸す可能性があるという人の場合にも十分に保障をつけておく必要があります。

バイク保険に単独で加入するという場合には、バイクの大きさや種類、使用目的によって色々と保険がありますから補償のバランスを考えて加入すると単独でのバイク保険も便利で安心なものになります。

ファミリーバイク特約と違って、単独のバイク保険は、よく検討したうえで加入するようにしましょう。


スポンサーリンク