「リスク細分型自動車保険」というのは、ドライバーの年齢や性別、運転歴、自動車の使用状況、走行距離といった数多くの要素から保険料に細かく差をつけた自動車保険のことをいいます。

このリスク細分型自動車保険の特徴は、リスクの低いドライバーにとっては保険料を安くすませることが可能で、逆にリスクの高いドライバーにとっては保険料が高くなるという点にあります。
上手に使えば、自動車保険料が割安になるという人も多いことでしょう。

一例をあげれば、ゴールド免許所持者は、事故を起こす可能性が低いという理由から自動車保険料が安くなったり、走行距離が少ないドライバーは、事故にあう確率が低いと考えられるため、保険料が割引されたりします。

もちろん、リスク細分型自動車保険に加入すると、保険料が上がってしまうこともあります。

自動車の利用頻度がとても高い場合や、ドライバーの年齢が低い場合など、リスクが高いと考えられる人がリスク細分型自動車保険に加入した時には、保険料が上がってしまう可能性があるので、注意が必要です。

自分自身の状態をよく理解したうえで活用すれば、リスク細分型自動車保険は合理的な保険であるということができるのではないでしょうか。


スポンサーリンク