バイク保険にはすべてが保険に適応するという事故ばかりがあるとは限りません。
バイク保険が適用されない場合もありますから覚えておきましょう。

たとえば、当たり前のことなのですが、飲酒運転をして事故を起こしたとか、無免許運転をして事故を起こしたという場合には、バイク保険の適応にはなりません。
被害者を保護するための保険は適用になったとしても、自分に対してのバイク保険は一切おりません。

そしてバイク保険が適応にならないケースとしてバイクを改造している場合です。
改造の具合にもよりますが、ほとんどのケースでバイク保険は適用されませんから、改造バイクでバイク保険をかけている場合にはあらかじめ適用されるか確認しておいた方がいいかもしれません。

バイク保険が適用にならないケースには他にも、当たり前ではあるのですが、バイク保険料を支払っていない場合があります。
バイク保険のほかの保険も同じなのですが、もしも保険を支払い忘れた場合には、二回分一緒に引き落とされることになりますが、それでも支払われていない場合には保険の契約が中断されて保険は利用できない事態になりますから注意しましょう。

バイク保険が適用されないケースはほかにも、自分のバイクで自分の家の塀を壊したときなども保険はおりません。


スポンサーリンク