バイク保険には、等級があります。
6等級は割引きのない状態で、それからどんどん無事故が続けば割引率が上がるという仕組みになっています。

バイク保険の等級据え置き事故というのは、一般的には、バイク保険に加入していて、バイクで事故を起こしてしまった場合には、等級が下がってしまうことになりますが、事故を起こしたとしても、バイク保険の適応になっても、等級が下がらない事故の場合もあります。
そのことをバイク保険の等級据え置き事故と呼んでいます。

ですから次の年のノンフリート等級はまた同じ等級になるということです。

ではバイク保険で等級据え置き事故が適応されることはどのようなケースなのでしょうか。
たとえば、火災や爆発になった場合、盗難にあった場合、台風の場合、落書きされた場合、何か落下物が衝突した場合などの事故の場合には、バイク保険を使ったとしても等級は下がりません。

バイク保険を利用する際には、事故すべてに利用するのではなくて、等級が下がって割引率がどれくらい一年間で下がり、どれくらいの保険料が割り増しになるのかということを計算して、そして事故で自己負担した場合のお金を計算してどちらがお得なのか考えてバイク保険を利用すればいいのです。


スポンサーリンク