バイク保険に加入する際に必要な書類についてですが、バイク保険に加入する際、新車で加入する場合に、125cc以下のバイクの時には、販売証明書が必要です。

125cc以上で250cc以下のサイズのバイクの場合には、売買契約書がいりますし、250cc以上のバイク保険の場合にも売買契約書の用意が必要です。

今ご説明したのは新車でバイク保険に加入する場合ですが、もしも、すでに登録している中古のバイクでバイク保険に加入する場合には、標識交付証明書が必要です。

125cc以上で250cc以下のバイクの場合には、車検証も用意しなければいけません。
すべて共通のことといえば免許証も必要です。

バイク保険の契約をする場合には、今ご紹介したような書類がすべてそろっていない場合には、受付されませんからきちんと書類をそろえて持っていくことが必要です。

バイク保険には、標識交付証明書、軽自動車届出済証や車検証が必要で保険の契約者がいま紹介した書類の名義と同じなら、バイク保険の契約ができることもあります。

バイク保険の契約の際には印鑑も持っていくようにして、書類の不備の内容に注意しましょう。書類に不備があるとバイク保険に加入できなくなってしまいますから十分気をつけましょう。


スポンサーリンク