バイク保険の保障の中に示談交渉が入っているのかどうかは、対人賠償の時に保険会社が示談交渉を行ってくれることがありますから確認してみればすぐにわかります。
しかし示談交渉を保険会社が行ってくれないこともあります。
バイク保険によって違っているのですが、自分が入っているバイク保険会社に支払い責任がない場合には、示談交渉は行えません。

たとえば相手が一方的に悪くて、相手が100パーセント過失であるという場合にはバイク保険に入っていても被害者側は示談交渉できませんし、契約している人が負担している損害賠償の保険金の金額が、自賠責保険で十分な場合には、示談交渉してもらえません。

ではバイク保険に入っているのに、万が一事故にあったときに相手の保険会社と示談交渉をするのは本人ということになりますが、この場合めんどうですね。
そんなときに便利なのが、バイク保険にある弁護士費用特約です。

弁護士費用特約は、弁護士に支払う報酬や訴訟のお金、調停に使ったお金は法律相談にかかった費用もバイク保険の保険金として支払われるというものです。

これならバイク保険に加入していて、示談交渉が不可能な場合でも安心して示談交渉を弁護士などに頼むことが可能です。


スポンサーリンク